BtoC・BtoB プレミアム物流サービスWMS(倉庫管理システム)

WMS(倉庫管理システム)の押し売りはいたしません。
高いITリテラシーで、荷主様の運用システムを理解したうえで、
それに最適な倉庫管理システム体系を構築いたします。

shutterstock_287724536

 

物流業務において、正確な在庫の管理と入荷・出荷業務を実現するためには、WMS( Warehouse Management System =倉庫管理システム)の導入が必要です。
これにより、在庫の状態がリアルタイムで把握できるとともに、入庫や出庫の履歴の参照、ロットや有効期限ごとの管理、棚卸など、すべての在庫と倉庫運営が可視化されます。

株式会社清長は、「広範囲なITリテラシー&全体最適の視点」を肝に、荷主様が利用されている、受注管理や会計などの、多種多様な主要システムに対する理解を深め、それに適する、コストパフォーマ ンスに優れた「物流&システム」のご提案を差し上げることを、責務と考えています。

ですから、私たちは自社のWMSを持ちません。もちろん、標準的に使用しているWMSはありますが、荷主様に対して、特定のWMSの利用を強制することもありません。
必要に応じて外部のシステム企業と連携したり、お客様のシステムそのものを利用して物流オペレーションを設計したり、その姿は、自由にカスタマイズが可能です。

お客様が現在利用されているシステムへの理解がある物流会社を選びますか? それとも、システムに興味がない物流会社を選びますか?
必要なのは、物流会社のITリテラシーです。