新着情報

第43期進発会を開催しました

2019.07.01

株式会社清長は、2019年7月から、第43期を迎えました。
これに先立ち、6月29日(土)に進発会を開催いたしました。全社員が一堂に会し、この1年間の実績を振り返りつつ、新しい1年の事業計画や行動計画を共有する場として、お客様のご協力のもと、毎年開催している行事です。お客様には、業務の休業をいただくなど多大なご協力を賜りましたことを、この場を借りて厚く御礼申し上げます。

会の冒頭では、第42期の5S活動における優秀グループの表彰がありました。5S活動は、高品質かつ安全・安定な物流サービスを提供するうえでの基礎となる基準で、全社をあげて継続的に取り組んでいるものです。
これに続いて、各部門ごとに、第42期の振り返りと、第43期の事業計画や方針、行動計画や取り組み課題などが発表されました。年々、物流センターも増えていくなか、発表者の人数も多くなり、かなり詰め込んだタイムスケジュールになりました。それでも、営業部門、運営部門、管理部門とそれぞれの役割のメンバーが、自分たちの言葉でこれからの1年を熱く語った1日になりました。
その内容も多岐にわたり、物流業務のクオリティ向上や改善、効率化に向けた施策やテクノロジーの導入、新たなセンターの開設計画、イベントの開催、顧客への新サービスの考案、物流システムの利便性向上、セキュリティやコンプライアンスの強化、5S活動や安全衛生施策のテーマなど、これからの清長の方向性を社員の皆が確認しあうことができました。

清長の経営規範は、「実行」と「愚直」です。実行をするためには、理想をもって、計画を立てることが重要です。各部門やセンター、それぞれの社員が、やると決めたことを、地道に行動に移していくことが、お客様の価値を高め、物流の未来をつくっていくと信じています。皆様には、引き続きのご愛顧を賜りますとともに、これからの清長にもご期待ください。

 

 

 

RECOMMENDED