IOT物流サービス輸送最適化ソリューション

IOTとAIを組み合わせることで、高精度の輸送効率を実現します。
最適化問題を解決させるAIテクノジーが、輸送効率を大きく改善します。

shutterstock_252335674

どれだけITが進化しても、モノを動かす輸送は不可欠な要素です。輸送体制の不足は販売機会を失うため、多くの場合、輸送体制は需要に対して「多め」に用意され、輸送コストの合理化を阻害しています。
しかし、ITやIOTのテクノロジーを輸送の分野に結び付けることで、需要を正しく把握し、それに必要なだけの輸送環境を用意することが実現できます。

株式会社清長は、最適化問題[※]をクリアできる、先進的なAI(人工知能)テクノロジーをパートナーに迎え、あらゆる輸送の最適化に取り組んでいます。いつ、どこで、どれだけの輸送の需要があるかを可視化し、最も効率の高い配車ルートを組むことで、輸送回数と輸送距離を最小化することができます。

※最適化問題:AIを構成しうる、多様なアルゴリズムのうちのひとつで、ある制約条件のもとで、目的を最適に達成する(目的関数を最大または最小にする)状態を求めること。
目的に対して、複数かつ相反する制約条件のなかで、最も効果の高いプランを立案できるが、データ量が膨大になるため、これを実用レベルで算出するには、高度かつ合理的な数理アルゴリズムの開発が不可欠。