IOT物流サービスIoT自動供給物流ソリューション

IOT時代の物流のあり方は、機械が自動的にニーズを把握し補充する形態へ。

プロパンガス

IOT時代の物流は、ユーザーが発注し、ベンダーが呼応納品するスタイルから、機械が自動的にニーズを把握し、それを満たすのに必要十分な供給と、最小の物流構成を算出するスタイルへと、変わっていきます。

在庫の状況や使用状況をカメラやセンサーでとらえ、一定の条件(たとえば、所定の在庫量を下回った)を満たすことで、システムが自動的に発注を行い、物資が補充されるスタイルです。需要サイドにとっては、在庫の残数管理や、補充発注の事務やミスのリスクから解放されるとともに、供給サイドにとっては、自動受注と計画配送によるオペレーションコストの低下を実現するとともに、こうした一連の付加価値は、他の事業者へのスイッチリスクの軽減にもつながります。