あなたに最適な物流を

清長の自信とこだわり

物流アウトソーシングだからできること。物流のプロとして、
お客様に合わせたソリューションを提供しています。

圧倒的な高品質と
価格満足度

清長は、お客様の物流部門の一員のように、物流のプロフェッショナルとして、高品質でコスト効率の高い物流を、ご一緒に考え実現していきます。

イメージ

【 品質のベースとなる最善な業務フローの再構築 】
お客様との打ち合わせを重ね、現状の物流課題と、お客様のビジネスモデルに対応した”あるべき理想の物流”を可視化します。
【 物流品質目標とKPI 】
物流品質を考える上で、”実行:あるべき理想の業務フロー構築”と”目標:短期的かつ重要なKPIの共有”が最も大切だと考えています。
【 業務改善PDCAの実行 】
清長では、物流品質の改善を常に進めています。一方で、お客様のビジネスモデルや商材や商流の変化の中で、お客様がチャレンジする事に対応できるよう、積極的にご提案させていただきます。新規のお客様の立上げ時だけでなく、既存のお客様についても、変化に柔軟であることを心がけています。
【 価格満足度とは!? 】
清長のアウトソーシングの費用は、各種明細毎にわかりやすく明朗会計となっています。
お客様が自社で物流を行っている場合、既に他の物流会社へアウトソーシングしている場合、二つ共に現状のコストと、清長へのアウトソーシングコストを対比して、コストメリットがある場合にアウトソーシングしていただく事が多く、コストシュミレーションを行うとともに、現状の物流の物流品質面の対比も行います。

イメージ

ボリューム波動に
スピード対応

清長では、お客様の物流競争力を高める大きな要素は、スピード出荷力とキャパシティ(ボリューム)対応力にあると考えています。
昨今の物販事業は、B2C・B2B関係なく、繁忙期と閑散期の出荷量の差が大きく、季節や曜日、競合環境やプロモーションなどの複数の要因がからみあい、物流量の予測が困難だからです。
状況の変化に迅速に対応できることが、物流サービスの重要な要素です。

イメージ

【 スピード出荷の為の業務フローの再構築 】
まずは業務の手法や手順を見直します。特に、お客様の受注処理業務については、深くヒアリングを行い、受注から出荷までの業務範囲をお客様と共に最適化していきます。
【 清長の現場オペレーション力による対応 】
作業スタッフの「スピード出荷」「ボリューム波動対応」向上の仕掛けづくりを行っています。
清長では、経験豊富なスタッフだけでなく、今日入社したスタッフも最大限戦力化できるように、業務を分業化と、一人一人の多能工化を進めていくことを重要視しています。
【 お客様との作業量予測の共有と臨機応変な対応 】
清長では、月次での作業量予測でスタッフシフトが決まり、前日のお客様との情報交換によって翌日の作業量予測の精度を高め、派遣スタッフの調整を行います。多くのお客様のアウトソーシングを行っている清長だからこそ、全体最適と部分最適を臨機応変に行っていく事が実現できています。
【 機械化による効率化の実現 】
清長では、上記のスピード出荷とボリューム波動対応によるキャパシティ向上を行っていますが、一方で倉庫内業務の機械化・自動化も進めています。機械やシステムによる効率化は、汎用性のある設計を基本として、同一センターで同一システム・機械の共有を行い、効果的な設備投資を実現しています。

イメージ

親身な
ソリューション営業

清長は、お客様の物流部門に所属する物流のプロフェッショナルのように、お客様の物流課題を解決することを、その使命と考えています。したがって、単なる物流受託のセールスではない、ソリューション型の営業スタイルを継続しています。

イメージ

【 ソリューション営業のスタイル 】
清長では、商談において、お客様へのヒアリングを重視しています。事業戦略やビジネスモデル、抱かれている物流アウトソーシングのイメージや理想像、実際の物流業務の内容など具体的にお話をお伺いし、どのような物流サービスがお客様の課題を解決し、ビジネスの発展に貢献するのかを検討し、ご提案書をお作りしております。物流業務のご提案から、業務のスタート準備、その後の稼働と改善まで、あらゆる角度から支援いたします。
【 物流サービスとコストを可視化 】
清長では、お客様との打合せを経て、見積書とともに、「どのような業務をどれだけのコストで実施するのか」を定義した物流業務仕様書を提示しています。これは、目指していた物流の姿とかけ離れたサービスとなってしまわないよう、業務の仕様とコストをあわせて提示しています。そのうえで、別の方法をとればコストを抑えられるとか、出荷スピードが向上するための条件は何かとか、現状への改善や業務の進め方の変更を、あわせてご提案することもあります。
【 成約から業務スタート、スタート後の改善まで 】
清長の営業スタイルは、成約して終わりではなく、そこからが起点です。
業務のスタートに向けて、業務の具体的な手順や商品の引っ越しの準備などの打合せ、お客様のシステムと倉庫の在庫管理システムとの連携の調整、現場の設営や機器の用意、業務を担当するスタッフの配置など、運用部門と連携して進めてまいります。営業担当者と運用担当者の強力なタッグにより、商談の内容を実際の運用に正しく反映させるとともに、運用後のトラブルを未然に防ぐことが可能になります。
【 高いリテラシーによる円滑なシステム連携 】
物流業務の構築にあたり、お客様のシステムとWMS(倉庫管理システム)との連携は避けて通れません。
清長では、EC受注管理システムの代表格である、「NextEngine(ネクストエンジン)」や、「CROSS MALL(クロスモール)」、BtoBの受注管理の代表的なツール「アラジンオフィス」、EC自動連係アプリ「シッピーノ」とは、提携パートナーとして、豊富な業務連携の実績があります。連携実績の無いシステムでもお客様やシステム会社様とご一緒にスムーズな連携をコーディネイトいたします。

イメージ

高い契約継続率に
裏付けされた
現場改善力

清長の物流サービスは、運用をしながら進化していくのが特徴です。なぜなら、お客様のビジネスが成長したり変化したりするなかで、最適な物流のあり方も変わっていくからです。こうして築かれていくお客様とのパートナーシップは、契約継続率95%(2019年3月末時点実績)という結果につながっています。

イメージ

【 専任の担当者によるお客様とのコミュニケーション 】
清長の物流サービスは、チームで運営します。営業担当者、物流管理担当者、物流運営スタッフが、お客様の物流を運営する専任のチームとして業務にあたります。
お客様の物流部門のように、お客様のビジネスをサポートいたします。
【 業務フローと改善 】
清長は、物流サービスを「物流業務フロー」に取りまとめ、何が正しいか(正常か)、どんなルールで運用するのかを可視化します。そして、必要であれば、お客様と協議したうえで何度もバージョンアップを重ねます。 基準を明確にすることではじめて、実際の運用の問題点(ルールとのギャップ)や改善の余地が把握できるようになり、物流サービスの向上や改善に取り組むことができるようになります。また、正しいルール構築があることで、イレギュラー事項への柔軟な対応も可能性が広がります。
【 業務の変化にも柔軟に対応 】
EC・通販・販売物流では、その内容が大幅に変化することが珍しくありません。 清長は、こうした変化に敏感に反応し、物流サービスを柔軟に変えていくことを重視しています。なぜならば、多くの場合、お客様がビジネスを拡張させよう、発展させようとする局面であり、これに対応できなければ、そもそも清長の物流サービスをご利用いただく意味がなくなってしまうからです。
【 新しい取り組みへの挑戦 】
清長は、常に新しい取り組みに挑戦しています。
2006年に、当時としては数少ないEC・通販専門の物流アウトソーシングサービスを開始して以降、サービスの拡充、営業スタイル、明朗費用、業務の運用方法の改善、新たな機械やシステムなど、荷主企業様のビジネスを支援するべく、多くの改善や取り組みを実施しています。

イメージ

3,000社への提案と
500社の運営実績

清長は、2006年に現在のEC・通販・販売物流をメインの物流サービスに据えて以降、EC市場の拡大とともに、多くのお客様のビジネスを支えてきました。これまで、およそ3,000社への提案と、500社の運営実績、そして、既存のお客様の契約継続率95%という数字が、それを証明しています(数値は2019年3月末時点実績)。

イメージ

【 課題を解決する物流 】
清長のミッションは、物流サービスを販売することではなく、物流の面からお客様の事業に貢献することです。それを可能にするお客様にとっての最適な物流は、お客様と一緒に作っていくしかないと考え、3つのステップを重視してきました。

(1)お客様を理解する
(2)業務とコストを可視化する
(3)運用ルールを可視化
ご契約後、会社同士の運用ルールを細かく作り込んでいきます。キャンセル処理や注文内容変更処理、システム連携などの細やかな業務を、業務フローを作成して可視化します。事前にしっかりと取り決めを作っておく事が、運用後の余計なトラブルや無駄な連絡などの減少に繋がります。
【 豊富な物流メニュー 】
EC・通販・販売物流の大きな特徴は、商品が小ロット多品種であること、納品のレギュレーションが多様であること、物流の過程で商品加工が発生することなどです。 清長には、これまでの長い経験をベースに、さまざまなご要望に対応できる充実のメニューが揃っています。
  • ・あす楽・あすつく対応
  • ・品質検品
  • ・FBAなどへの納品対応
  • ・コンテナ入荷
  • ・返品対応
  • ・資材手配
  • ・ギフト対応(ラッピング・熨斗)
  • ・流通加工
  • ・販社向け納品対応
  • ・有効期限やシリアル番号管理

イメージ

プロ意識をもった
スタッフによる
高い現場力

清長の物流サービスの根底にあるのは、プロ意識をもったスタッフによる高い現場力です。

イメージ

【 毎日の地道な取り組み 】
・朝礼
前日の物流量や業務内容の振り返りと当日の物流量の予測、業務スケジュールの確認やスタッフの配置、事故事案の報告などを共有し、各スタッフが同じ目標のもとで担当業務に取り組めるようにしています。
・スタッフ行動指針
業務を遂行するにあたって準拠するべき、スタッフ行動指針10項目を毎日唱和します。
・スタッフミーティング
毎日の現場の作業だけでは得られない、お客様の業界の動向や、関係法令の学習、企業文化の確認など、さまざまな学習の機会を設けています。
【 全社をあげた5S活動 】
オフィスや生産現場などでよく聞かれる「5S」という言葉。職場環境を維持、改善させるために必要な5つの段階的要素(整理、整頓、清掃、清潔、躾)です。清長では、5Sは企業文化の形成にほかならないという考えのもと、単なるスローガンで終わらないよう、社内の全メンバーが、共通の価値観をもって、日々地道に継続していくことを重視しています。
清長では、5Sの各項目を次にように定義しています。
【整理】‥不要なものを捨てること=定量化
【整頓】‥使いやすく並べて表示をすること=定置化
【清掃】‥きれいに掃除をしながら、あわせて点検すること=点検
【清潔】‥きれいな状態を維持すること=標準化
【躾】‥きれいに使うように習慣づけること=自律化
清長の5Sのテーマは、「正常」の共通認識と可視化です。倉庫内で使用する備品を数値化、定置化することからはじまり、誰もが「異常」に気づける仕組みを作っています。
【 パフォーマンスを発揮できる現場環境づくり 】
清長のスタッフは、就労年数の長い方も多く、安定した配送品質の提供にも寄与しています。物流倉庫ながら、庫内環境にはできる限り配慮をしており、空調設備を設置したり、照明も明るく交換したりと、現場のスタッフさんにベストなパフォーマンスを発揮してもらえるような環境づくりを推進しています。また、パートスタッフの有給休暇取得率は100%に近い実績をキープしています。さらに週2 日、1 日3時間からでも勤務できるよう、多様な就労パターンを用意し、スタッフさんが長く継続して勤務できるよう、配慮をしています。

イメージ

物流倉庫の
最前線を体験!!

業界最大級の実績とノウハウを凝縮した
物流倉庫を見学・体験できます。
ぜひご参加をお待ちしています。

倉庫見学お申し込みは
こちら