課題解決!出荷のアウトソーシング

商品の売り上げが増えて収益が上がることは企業としてとても嬉しいことです。しかし、商品の売り上げが増えれば増えるほど、発送業務が煩雑になってしまうでしょう。せっかく商品がたくさん売れても発送業務が滞ってしまうと、顧客満足度が低下し、リピーターになってくれません。企業として右肩上がりの成長を遂げるためにも、発送業務はとても重要です。そこで、この記事では発送業務によくある課題と、それを解決するための外部委託のメリットについて紹介します。

■困った!発送業務の課題

発送業務のよくある課題において、真っ先に挙げられるのが「発送業務にかかる人件費がもったいない」というものです。発送業務は企業においてとても重要度の高いものですが、商品やサービスを扱うことを本業とする会社にとっては付加価値を見出しにくいものだといえます。効率的に作業が行われていれば問題ないでしょうが、中小企業の多くはそのようなノウハウを持っておらず、苦戦しているのが実情です。一つミスをしてしまうと、そのミスをカバーするための労力がかかってしまい、どうしても非効率的な作業となってしまって人件費が無駄にかかります。

また、「商品の保管にもお金がかかる」という課題も見逃せません。資本的な体力がそれほど強くない中小企業にとっては、大きな出費になっているケースもあるでしょう。在庫の適切な管理や該当商品をすぐに出荷できる体制をとっておかなければ、企業の信用力が低下してしまいます。最悪のケースとしては、発送が間に合わなくてキャンセルされてしまう可能性だってあるのです。さらに、中小企業のなかには「梱包や発送の技術がそもそもない」という課題を抱えているケースもあるでしょう。商品の材質や形状によって梱包や発送方法を変えなくては、商品が欠損してクレームを受けるかもしれません。

これらの課題をすべて自社だけで解決するには、多くのお金と労力がかかります。簡単に解決するための一つの方法として「発送業務の外部委託」があるのです。

■発送業務委託のメリット

発送業務を外部委託することで得られるメリットは大きくわけて3つです。まず挙げられるのは「業務の効率化によってコストダウンが図れる」ことだといえます。一般的に自社対応で発送業務を行っているケースと、アウトソーシングした場合のコストを試算すると、トータルで見ると後者のほうがコストは削減できるといわれています。コストを削減できる理由としては、効率的な運用をしていることはもちろん、梱包材の一括購入などのスケールメリットを活かせるからです。また、見落としがちなコストとして「倉庫にかけている火災保険料や水道光熱費」などが挙げられます。こうしたコストを外部委託すれば削減できるうえ、外部委託先がかけている火災保険は倉庫内に含まれている商品まで保険対象になっているケースがあるのです。このような目に見えないコストやメリットまで注意して検討する必要があるといえるでしょう。

外部委託することのメリットの2つ目は「ミスの減少」です。本業を抱えながらたくさんの発送作業をしてしまうと、どうしても誤出荷や梱包ミスがでてしまうでしょう。発送業務を本業としている業者に委託することで、そうしたミスは確実に減ります。外部委託することで企業の信用力が高まると考えれば、委託にかかる費用もそれほど大きな出費だと感じないのではないでしょうか。また、発送のミスが減ることで「本業に集中できる」のが3つ目のメリットです。発送業務に要していた労力や人材を、販売事業へ向けることでさらなる売り上げの増加が期待できるでしょう。

■発送以外も!アウトソーシング可能なバックヤード業務

アウトソーシングできるバックヤード業務は発送以外にもあります。入荷から梱包まで発送業務に必要な業務のほぼすべてをアウトソーシングできるのです。一般的なECサイトのアウトソーシングにおけるバックヤード業務の範囲と流れは、まず「入荷検品」から始まります。仕入れた商品を荷受けした際に、数量や外観のチェックなどの検品までする作業です。荷受けしたら、「流通加工」を行います。仕入れた商品をスムーズに販売できるようにするため、値札やタグ付け、袋詰めといった加工を行うのです。流通加工を施した商品は倉庫で「保管および在庫管理」を行いますが、ただ単に保管するだけではありません。

在庫管理システムなどを活用して、在庫の正確かつ素早い管理などを行ってくれるため、在庫切れに悩む心配も少ないでしょう。また、大量の在庫がある場合でも、受注した商品を保管場所から効率的に取り出してくれる「ピッキング業務」も行ってくれます。ピッキングした商品の特徴にそって「梱包・出荷」してくれるところまでが一般的なバックヤード業務の範囲です。さらに、ECサイトを運営するうえで欠かせない「商品の撮影」「受注処理業務」「コールセンターでの対応」といった業務までアウトソーシングできる会社も増えています。

こうした細かな業務まで一元管理してもらうことで、情報伝達スピードの向上や商品の移動時間の短縮などさまざまなメリットが発生するのです。発送業務のアウトソーシングを検討する場合は、こうした業務まで対応しているかどうかを調べておくとよいでしょう。

■アウトソーシングを活用しよう!

ECサイトを運営する以上、発送業務はどれだけ課題が多くても乗り越えなければいけません。自社だけで対応しようとすると、費用や人材などの面で難しいケースもありますが、アウトソーシングを活用するとコストダウンや業務の効率化といったさまざまなメリットがあります。「中小のECサイトだから、発送に使う資金がない」などの理由で発送業務を軽視していると、誤配達や商品の欠損などによって顧客からの信用がなくなり、かえって経営が苦しくなってしまうかもしれません。アウトソーシングによるメリットは「顧客からの信頼度を向上させる」という面で、コストダウンや業務の効率化とはまた違ったものもあるのです。発送業務をアウトソーシングすることによって、ミスをなくして無駄な仕事を減らし、本業に力をいれることができるでしょう。長期的に会社を成長させていくためにも、アウトソーシングによる正確かつ、スピーディーな発送業務を検討してみる価値はあるといえます。発送業務に課題を感じている人は、アウトソーシングの活用を考えてみてはいかがでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする